2007年04月

2007年04月28日

ディベート講座開催のお知らせ

全国教室ディベート連盟中国・四国支部主催

 

ディベート講座開催のお知らせ

         

 今年度、中国・四国地区中学・高校ディベート選手権(第12回ディベート甲子園=全国大会予選)は、7月15日に開催いたします。論題は以下のとおりです。

 

中学:「日本は小売店の深夜営業を禁止すべきである。是か非か」
*
ここでいう小売店とは、商品を消費者に売る有人の店舗とする。

   ただし、飲食店、ガソリンスタンドは除く。
*
深夜営業とは、午後10時から午前5時までの販売・配送とする。
* 2009
41日から実施する。

 

高校:「日本は18歳以上の国民に選挙権・被選挙権を認めるべきである。是か非か」
*
公職選挙法で定めるすべての選挙を対象とする。

 

この大会に向けて、6月16日と24日に次のとおりディベート講習会を企画いたしました。どうぞ、ご参加ください。

 

 

論題研究講座

 

 今回も昨年に引き続き、“ディベートの達人”岡山洋一先生がお出でくださいます。中学・高校のそれぞれの論題について、立論のポイントと争点について解説していただく予定です。もし予め立論を提出していただけましたら、それに対する具体的なアドバイスもしてくださるそうです。ディベーターの皆さんの疑問に、丁寧にお答えくださることと思います。ぜひ、ご参加ください。

                 

日 時 6月16日(土) 10時〜12時30分:中学論題について

            13時30分〜16時:高校論題について

場 所 ノートルダム清心女子大学   (予定)

講 師 岡山洋一先生

       SDI札幌ディベート研究所代表、札幌大学講師(非常勤)、

       全国教室ディベート連盟北海道支部副支部長、

       ディベート・アゴラ主宰。第1回ディベート教育功労賞受賞。

       ディベート甲子園論題検討委員、

対 象 中学・高校生が対象ですが、一般の方のご参加も歓迎します。

参加費 中学・高校生と引率教員および連盟会員 :無料    

 

 

         

ディベート:交流試合とスキルアップ講座

 

 講師は、“ディベートの申し子”と言っても過言ではない山中允先生です。山中先生は高校三年生でディベートを始め、第1回関東大会、第2回ディベート甲子園に出場なさいました。その後、早稲田大学Debate&DiscussionNPO法人全日本ディベート連盟を設立するなど、大学での日本語ディベート指導の草分け的存在です。過去のディベート公式戦勝率は9割を超え、出場した大会の6割で優勝と伺っています。試合だけではなく、これまで、全国教室ディベート連盟理事、試合運営委員等を歴任、現在は各地での指導を行っておられます。必ず、皆さんの試合に適切なアドバイスをくださることでしょう。ぜひ試合に参加して、スキルアップを目指してください。



  日 時 6月24日(日)  10時〜13時:中学の部、2試合

              14時〜17時:高校の部、2試合

場 所 ノートルダム清心女子大学   (予定)

講 師 山中 允先生

     早稲田大学法学部卒。

     LCA大学院大学企業経営研究科非常勤講師(MOS総論)、

        兼日本LCAチーフコンサルタント。

内 容 中学・高校それぞれ2試合ずつを、希望のチームにして

    いただきます。試合終了後、グループに分かれて試合の判定に

       ついてのディスカッションを行い、その後、山中先生から、判定・講評、

       アドバイスをいただきます。

対 象 試合は中高生が行ないます。見学は自由です。

参加費 無料

         

 

両講座とも開催日の前日までに、交流試合での試合を希望するチームは1週間前までに、お申し込みください。

申込先 〒700-8516 岡山市伊福町2-16-9

    ノートルダム清心女子大学 人間生活学部児童学科 吉永早苗

    FAX  086-252-5348    メール sanae@post.ndsu.ac.jp

            お問い合わせは、086-252-8129 吉永まで。



nadechugoku at 08:46|Permalink各種講座